広告デザインのポイント

HOME » 広告デザインのポイント

広告デザインのポイント

広告デザインの効果を上げるコツ

最近はパソコンで容易に広告デザインができるようになりました。
以前のようにデザイン学校に行って、その道で何年も苦労しないと広告デザインができないという環境ではなくなったのです。
商店街のチラシや、学祭の案内、個人商店のセールなどのチラシなど自分で作れる人も少なくありません。
印刷も通販型の印刷会社を利用すれば安価に納めることができます。
部数が少なくていいなら自分でプリントすることもできます。
広告デザインの効果を上げるコツ の続きを読む

コピーと広告デザインの関係

ごくたまに、文字が全くないポスターを見かけますが、ほとんどのポスターには文字があります。
チラシ、フライヤー、WEB広告、テレビCMなど、文字がないのは少数派、というよりむしろ、希少です。
文字がない広告が成立するのは、広告の目的が抽象的な場合のみです。
こういった広告でさえも、隅っこの方に小さく社名が印刷されていたりします。
コピーと広告デザインの関係 の続きを読む

広告デザインの見積

広告物を制作する場合、2,3社から見積もりを取って価格の面や見積もりの内容を検討しながら会社を選びます。
広告費は安い方がうれしいのはいずこも同じですが、ただ、安いばかりでは不安な面もあります。
基本的には広告会社規模で価格が高くなる傾向がありますが、一方で印刷物などは部数が多いほど価格は安くなります。
広告デザインの見積 の続きを読む

広告デザイン発注のコツ

広告デザインを発注して、最も困るのは成果が上がらないことです。
それどころか、不評の場合もあります。
広告担当者が最も恐れることです。
もう一つ、広告担当者が恐れおののくのが、広告の間違いがチェック過程で発見されずに、そのまま世の中に発表されてしまうことです。
広告デザイン発注のコツ の続きを読む

広告デザイン会社の種類

広告するときには、売りたい商品や利用してほしいサービスの顧客ターゲットを絞り込みます。
年齢や男女の区別、職業など、ターゲットの定め方にもいろいろな区分があります。
ターゲットによって、広告媒体を選択します。
テレビや新聞、チラシ広告やポスター、WEB広告、交通機関などの吊るし広告など様々な媒体があります。
これを選択するところまでは、メーカーやサービス提供会社側の仕事です。
決められた媒体によってデザインを提案するのが広告デザイン会社の仕事です。
広告デザイン会社の種類 の続きを読む

先人の広告デザインを参考にする

広告デザインの制作物全般を指してクリエイティブと言います。
それほどに広告デザインには独創性が要求されるのです。
昨今のように、毎日広告デザインが量産されている時代には、独創的な発想で制作されたものが、人々の関心を引きやすいということは眼に見えています。
ありふれたデザインやキャッチコピーでは、見てもらえないのが実情です。
先人の広告デザインを参考にする の続きを読む