広告デザイン会社の種類

HOME » 広告デザインのポイント » 広告デザイン会社の種類

広告デザイン会社の種類

広告するときには、売りたい商品や利用してほしいサービスの顧客ターゲットを絞り込みます。
年齢や男女の区別、職業など、ターゲットの定め方にもいろいろな区分があります。
ターゲットによって、広告媒体を選択します。
テレビや新聞、チラシ広告やポスター、WEB広告、交通機関などの吊るし広告など様々な媒体があります。
これを選択するところまでは、メーカーやサービス提供会社側の仕事です。
決められた媒体によってデザインを提案するのが広告デザイン会社の仕事です。

広告代理店に依頼すれば、ターゲット設定や媒体の選択、デザインまで一貫して広告制作を引き受けてくれます。
広告代理店では、広告をしたい商品やサービスの内容、そのメーカーの特徴など非常に細かい部分まで入り込んで仕事をします。
広告代理店なら、コピーライティング、デザイン、印刷など広告にかかわるすべての工程を依頼することができます。
各工程において専門スタッフを抱えています。
場合によっては、有名クリエイターに依頼して広告のグレードを上げることもできます。
比較的大きな企業が多いのが特徴です。
そのため、費用は、予想外に高くつくことも否めません。

デザイン制作会社はその名の通り広告デザインを制作します。
商品特性やターゲットの絞り込み、媒体の選択など、依頼者が設定したものに沿ったデザインを考えます。
デザイン会社の規模によっては、紙媒体専門だったり、WEB媒体専門だったりすることもあります。

印刷会社でもデザインできる所は少なくありません。
以前は、自社で引き受ける印刷物のデザインをするのは印刷会社の仕事でした。
印刷は紙媒体の印刷がほとんどでしたが近年は紙以外の繊維製品やプラスチック製品などの印刷も盛んです。
パッケージ印刷やのぼりの印刷なども可能です。

どのタイプの会社を選択するのかは、広告媒体の種類や広告の範囲にもよります。
世界的な規模、全国規模のこともあれば、地域の商店街やお店の広告もあります。
全国規模の話なら、大手の広告代理店の得意分野かもしれません。
宅配チラシを作りたいときには印刷会社が手っ取り早いでしょう。
地域的な規模の広告なら、その地域の印刷会社やデザイン会社が最も事情を理解してくれる可能性が強いです。

どんなタイプの会社を選ぶにしても、打ち合わせが雑なところや、意図を理解してくれないようでは話になりません。
少し古臭い言い方になりますが相性は意外に大切なことなのです。