広告デザイナー依頼のポイント

HOME » 広告デザインのポイント » 広告デザイナー依頼のポイント

広告デザイナー依頼のポイント

広告物を最後に視覚的に完成させるのがデザイナーの仕事です。
広告デザインは、広告制作の最後を締める重要な仕事です。
デザイナーに広告主の意図が正確に伝わっていないと、広告主の納得のいかないデザインになってしまいます。

小規模な広告だと、広告主とデザイナーが直接打ち合わせることもできるでしょう。
しかし、規模が大きくなるにつれ、間に入る人も増えていきます。
広告主の意図が全く違うものになってしまうことも珍しいことではありません。
多くの場合、こんなことがないように何度も何度も確認作業が行われます。

昨今では、デザインソフトが進歩してソフトの操作能力に優れていて、デザインの勉強をしていなくても作品を作り上げてしまう人もいます。
ところが、そのデザインで本当に売り上げがあがったり、認知度が高まったりする効果があるかどうかはわかりません。
もちろん、偶然うまくいくということもあり得ますが、やはり、きちんと勉強をしたデザイナーに依頼した方が安心です。
デザイナーに依頼するときには、実績やその人の作風なども確認した方がいいでしょう。

デザイナーは、色の心理的な作用の知識もあります。
色そのもの、色の組み合わせ、明るさ等が心理的にどのような影響を与えるのか?
文字の位置がどのように視線を引き付けるのかというような、基本的な知識を持っています。
広告主に対して、様々な方法や考え方を提示できるのもデザイン専門家としてのデザイナーです。
ただ、デザイナーが様々な効果的な提案をするためには、土台になる情報が必要です。
商品の特性、サービスの特徴、価格など事細かに情報を提供する必要があります。
また、広告主はデザイナーの質問にも的確にこたえる必要もあります。

デザイナーに的確な情報を伝えるには、広告主が広告の目的を明確に持っていることが大切です。
いますぐ売り上げを増やしたいのか?会社のイメージアップをしたいのか?では全く広告の方法は変わってきます。
また、お買い得なのが特徴の商品と、高品質、ゴージャスなことが特徴の商品でも、当然広告デザインは変わります。広告主自身が、明確にコンセプトを持っていて、それを確実にデザイナーに伝える必要があるのです。
もし、デザイナー側から何も質問が出ない場合には、デザイナーが勝手な憶測で仕事をしている可能性も否めません。
広告デザイン依頼の大きなポイントは、いかに密なコミュニケーションがとれるかということにあります。